医療脱毛においてワキ毛とVIOはどっちが痛い?

医療脱毛は高い脱毛効果が期待できますが、その分威力が強いので少し痛みが刺激を感じやすいです。

VIOのようなデリケートゾーンは、痛みを感じやすいと言われています。

・ワキ脱毛とVIO脱毛どっちが痛い?

脱毛をする時は基本的に、肌が柔らかい部分と薄い部分は痛みが強くなる傾向があります。

ワキもVIOもデリケートゾーンですから、脱毛の時はどうしても痛みを感じやすいのです。

痛みの感じ方にも個人差がありますし、何度も自己処理で毛抜きを使っていくと、痛みに慣れる事があります。

しかしレーザー脱毛は威力が強いので、刺激や痛みは感じやすくなります。

痛みの感じ方も唸り声を上げてしまうほどの激痛と表現する人もいますし、輪ゴムではじかれたような痛みと表現する人もいます。

どちらが痛いかは個人差があるものの、粘膜部分のIラインやOラインは痛みも強くなりがちです。

・痛みが強い時の対処法

かなりの痛みがあると言われていますし、実際に覚悟はしていたけどかなり痛かったという人も多いです。

この場合医療機関だから麻酔を使う事もできますが、あまり一般的ではありません。

痛みは強くなりますが、施術時間は10分前後です。

クリニック側も麻酔をするのは手間も時間もかかりますし、コストもかかります。

・まとめ

医療脱毛は短時間で済むため、痛みがあっても麻酔をせずに素早く済ませるのが一般的です。

以前よりも機械は性能が高くなっているので、痛みを軽減させる事もできます。

痛みについてはカウンセリングの時に相談できます。